デッドバイデイライト 破滅対策!

デッドバイデイライトをする中で直面する大きな壁、「破滅」

まさにサバイバーを滅ぼしかねない強大な力を持ったパークです😱

破滅を持ったキラーに遭遇してしまった時、どうすれば良いのか…

お困りのことでしょう(`・ω・´)ノ

私の普段の進め方をお伝えしていきますね☺

 

[ad]

 

壊してしまう、その前に

 

壊せば無くなってしまうパーク「破滅」

発電機を触る前にたまたま呪いのトーテムを発見してしまうこと、ありますよね。

その時、すぐに壊したくなる気持ち。

わかります。

 

少し前であれば、呪いのトーテムはとりあえず破壊しておいても良かったのですが、「スピリット」の登場で少し状況が変わりました(´・_・`)

彼女の固有パーク「霊障の地」

こちらが中々の曲者なのです…

 


「霊障の地」

呪いのトーテムが2つ出現し、そのうちのどちらか1つかが破壊されると効果発動。

40・50・60秒間、全てのサバイバーが無防備状態となる。


 

まあ要約すると、ダミーの呪いのトーテムが2つ出現し、壊すとキラーがワンパン状態にパワーアップするというパークなのです!

例えば、「破滅」と併用すると呪いのトーテムがマップ上に3つ出現し、どれを壊せばいいのかキラーにもサバイバーにもわからないということになるのです汗

 

ですので、ただ壊せばいいというものでも無くなってきたのです…

誰かがチェイスをしている時に発動させていまうとその人が一撃で倒されてしまいますし、何も無い時に発動させてもワンパン状態になった上にキラーに通知がいき、自身が危機に…( •́ㅿ•̀ )

 

ベストなのは、一撃くらっている状態の人がチェイス中の時ですかね?

それならばそんなに迷惑はかからないかと。

 

ただ、つけている方が少ないパークでもあるので、キラーが「スピリット」でなければそんなに気にし過ぎずとも良いのかもしれません(^^;;

効果は最大でも60秒間なので、ついてなかったな…くらいの感じで笑

 

破滅はどこぞ?

トーテムの生成場所というのは、大体のパターンがあります。

ただ、結構な回数をやらないとその場所を覚えてはいられないでしょう( ´° ³°`)

もちろん、パターンを覚えていても、その回の呪いのトーテムがマップ上のどこに出現しているかはわかりりませんので、走り回って探すことになります。

 

そこで、ひとつの目安として…

 

キラーの動向がヒントになります。

まずはじめに呪いのトーテムの安全を確認するキラーならば、キラーが来た方向にある可能性があります。

また、割と序盤で他のサバイバーがチェイス開始しており、破滅がある場合。

そのチェイスをしている方向に呪いのトーテムがあり、それを破壊しようとして見つかってしまったという可能性もあります!

闇雲に探すよりは、こういったキラーの動向から予測するといいかもしれませんね😏

 

破滅がある時、どうしたらいいのだろう

「破滅」があるからといって、呪いのトーテムを壊すことだけにとらわれるのはキラーの思うつぼです(`・ω・´)

みんながみんなトーテム探しをし、発電機を触らないというのは良くないですし、たまに全く見つけられないということもあります泣

 

そうなってしまうと戦況は絶望的…

キラーにとって最高の時間稼ぎとなってしまいます汗

 

自分以外に探して走り回っている人がいるなら、自分は発電機を回そう!など、分担をしておいた方が良いかと。

「破滅」があっても発電機を回す人達なのだと思わせることで、キラーの目を呪いのトーテムから離れさせることも重要なことですよ☺

 

[ad]

 

スキルチェックが難しい!

PS4版のスキルチェックは、少しラグがあるせいか、カクツキが気になります涙

そのせいで、グレートスキルチェックもかなり難しくなっていますが、そこはもう慣れるしかありません

普段のスキルチェックから、グレートを狙えるように練習することが大切です(。•̀ᴗ-)و ̑̑✧

 

これに慣れれば、「不安の元凶」「オーバーチャージ」も怖くない!

(両方の合わせ技はしんどいですが…)

 

ただ、複数人で修理をする時に他の人に迷惑をかけたくない状況などもありますよね。

複数人で修理をすると、スピードも早くなりますがスキルチェックの回数も増えます😅

それをことごとくミスしてしまうと、3人いるのに全く発電機が進まないということにもなりかねません😱

破滅時のグッドスキルチェックは、ゲージの後退だけでなく、3秒間ストップしますからね。

 

 

そんな時の緊急策

俗に言う「屈伸修理」!!

 

屈伸修理とは!?

スキルチェックを発生させない究極の破滅対策

 

触ってすぐ離す。

触ってすぐ離す。

 

 

これをひたすら繰り返していくという修理方法です笑

修理を開始してからすぐにボタンを離せば、スキルチェックが発生しないのです。

 

ただ、これには注意点が…

 

・ただただ遅い

離している時間は当然ゲージは進みませんので、かなりの時間を要することとなってしまいます。

 

・欲張ると痛い目に

遅いからといって、少し長めに触っているとスキルチェックに襲われます笑

最悪なのが、タイミングが悪いと離しているのに爆発するということになりますので、屈伸修理をするならば欲張ってしまうと痛い目を見ます泣

 

人が複数いれば、結構進むのも早いのでそんな時に使うのは良いかもしれませんね。

あくまで、苦肉の策というふうに考えておいていただけると幸いですm(_ _)m

 

ワンポイントアドバイス

これも苦肉の策ではありますが、真上を向いたりしてみてください。

処理能力の問題なのか、真上を向いて情報量の少ない?ところを見ながらのスキルチェックだと少し滑らかでやりやすかったりします(`・ω・´)ノ

ほんの少しですが😅

 

ただ、キラーが近づいてくるのが見えないので、こちらも苦肉の策となっております笑

 

ランク帯が上がるにつれて、「破滅」はほとんどのキラーがつけてる、という感じになっていくので、やはり慣れていくしかないのかもしれませんね(´・_・`)

それでは!